トイレつまり解決方法

ラバーカップ家庭内でトイレのつまりになった場合、まずラバーカップを使用することが一般的だと思います。ここで吸い出して流れるようになれば良いのですが、それでも解消しない場合には、バケツに一杯お水を入れ、ある程度の高さから、便器に向かって水を流し入れてみましょう。その水圧でつまりを押し流すことが目的ですが、ここで大量に入れないように気をつけましょう。配管の大きさに対してオーバーしてしまうと、便器から溢れ出る危険性があります。慎重に、細い水量を保ちながら投入することがポイントとなります。

もう一つの方法は、便器内にお湯を入れ、つまりの原因を溶かす方法です。この場合のお湯は熱湯ではなくある程度ぬるくなったお湯にしましょう。便器が壊れる原因になります。このお湯に重曹を混ぜておくとより効果が高くなります。

30分から1時間程度放置しておいて、つまりが崩れて配管を通るようになれば、解消されます。それでも無理な場合は、ワイヤー等を使用する方法もありますが、あまり無理にいろいろ試すよりも、難しいと判断した場合には、すぐにトイレつまりの専門業者に相談されることをお勧めします。慌てず、信頼できる業者に依頼するようにしてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

紙の流しすぎに注意

トイレットペーパートイレのつまりの原因の多くは、トイレットペーパーによるものですが、排泄物のつまり、水溶性ではないティッシュペーパーの流し過ぎ等も、原因としてよくあるケースです。他にも、紙おむつや生理用品、または赤ちゃんのお尻拭き、トイレクリーナー等を流してしまうことで、トイレのつまりが発生することがあります。水に流せると書かれている赤ちゃんのお尻拭きや、トイレクリーナーについても、通常よりも大判で厚みもありますので、多く流してしまえば、やはりつまりの原因になってしまいます。あるいは、お子さんがおもちゃを落としてしまったり、スマホを落としてしまったりすることも原因として考えられます。

トイレのつまりは、予兆によって気づくことがあります。ゴポゴポ音がしたり、少しずつ流れが悪くなっている感じがしたり、トイレットペーパーが流れきらなかったりする場合には、つまる前の現象かもしれません。違和感を抱いた場合には、すみやかに水回りのプロである業者に一度見てもらうようにしましょう。事前に原因を突き止めることで、大事にならずに済む場合があります。トイレのつまりの疑いがある場合には、そのうち解消するだろうと放置せず、早い目の対処が大切です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

トイレのつまりの原因

トイレットペーパー家の中で、風呂や台所、洗面台等水回りトラブルの中で、最も多いトラブルは、トイレのつまりになります。毎日大勢の人が何回も利用しますので、突然トラブルが起きてしまうと、生活に支障をきたすことがあります。トイレが使えないとなるとストレスにもなりますので、早急に、できればお金をかけずに対処しようと考えます。もちろん、簡単に対処できるケースも多くありますので、まずはラバーカップ(すっぽん)を使ってトイレのつまりの原因を吸い出してみて、改善できるかどうか試してみると良いでしょう。

トイレのつまりの原因について、最も多いケースが、トイレットペーパーの流しすぎによるものです。誰もが、トイレットペーパーは水に溶ける性質だから流しても大丈夫だろうと考え、つい大量でも流してしまうことがあります。しかしながら、限度を超えて流してしまうことで、トイレのつまりの原因になりますので、十分に注意が必要です。トイレはゴミ箱ではないということを認識してください。

トイレットペーパーのつまりだから簡単に直せると思っていたら、実際には大掛かりな工事が必要になってしまうということも起こる可能性があります。そうなると費用もかかりますし、ご近所に迷惑をかけることにもなりかねません。トイレを大切に使用すること、トイレットペーパーを流す際には、大量に流すことは避けること、これを心がけるようにしましょう。ここでは、トイレのつまりについてその他の原因や対処法について説明します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket