紙の流しすぎに注意

トイレットペーパートイレのつまりの原因の多くは、トイレットペーパーによるものですが、排泄物のつまり、水溶性ではないティッシュペーパーの流し過ぎ等も、原因としてよくあるケースです。他にも、紙おむつや生理用品、または赤ちゃんのお尻拭き、トイレクリーナー等を流してしまうことで、トイレのつまりが発生することがあります。水に流せると書かれている赤ちゃんのお尻拭きや、トイレクリーナーについても、通常よりも大判で厚みもありますので、多く流してしまえば、やはりつまりの原因になってしまいます。あるいは、お子さんがおもちゃを落としてしまったり、スマホを落としてしまったりすることも原因として考えられます。

トイレのつまりは、予兆によって気づくことがあります。ゴポゴポ音がしたり、少しずつ流れが悪くなっている感じがしたり、トイレットペーパーが流れきらなかったりする場合には、つまる前の現象かもしれません。違和感を抱いた場合には、すみやかに水回りのプロである業者に一度見てもらうようにしましょう。事前に原因を突き止めることで、大事にならずに済む場合があります。トイレのつまりの疑いがある場合には、そのうち解消するだろうと放置せず、早い目の対処が大切です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket